あなたの頭皮は大丈夫?AGAの可能性をチェックしてみよう

薄毛対策にはいろいろな方法がありますが、効果を得るにはどのタイプの薄毛なのかを正しく把握する必要があります。

 

特にAGAの場合だと、効果があると言われる市販の育毛剤を使っても、生活習慣を見直しても改善できません。

 

ただの薄毛だと思ってケアを続けて、AGAが進行するとどんどん改善しづらくなるので、可能性があるかチェックしておきましょう。

 

AGAの可能性がある頭皮とは

 

AGAの原因となるジヒドロテストステロンは、皮脂の分泌を過剰にするという働きを持っています。皮脂が過剰分泌されると、毛穴からの排出が追いつかなくなってしまい、毛穴の詰まりを引き起こします。

 

また、皮脂がどんどん分泌されるため、しっかりシャンプーをしていてもすぐに頭皮がべたついて環境を悪化させます。

 

ですので、明らかに以前よりもべたつきがひどくなった、皮脂が酸化することによって発生する頭皮のニオイがきつくなったというような状態はAGAの可能性があります。

 

さらに頭皮の色が黄色くなっている場合は、かなりの量の皮脂が酸化しているので注意してください。

 

かゆみがあるとAGA?

 

特にべたつきはないけどかゆみが酷いという方は、AGAではないのか心配かもしれませんね。ですが、皮脂の分泌量は多くないのにかゆみが起こるという場合は、基本的に乾燥が原因となっていますからAGAはほとんど関係ありません。

 

AGAを引き起こすジヒドロテストステロンには、かゆみを発症させる作用はないので、かゆみとAGAは無関係と考えていいでしょう。

 

ただし、皮脂の分泌量が多い上にかゆみがある時は、AGAが関係している可能性もあります。常に皮脂が分泌されていて毛穴に詰まると、雑菌が繁殖するため分泌物の刺激でかゆみが発生するので、そういった場合はAGAの疑いがあると言えます。

 

特定の部位の頭皮が透けて見えたら

 

AGAには、特有の症状があります。それは、前頭部やおでこの生え際、もしくは頭頂部から薄毛が始まるということです。進行すれば髪全体が薄くなることもありますが、AGAが始まるのは必ず前頭部か頭頂部からです。

 

ですので全体的に薄くなって頭皮が透けて見えるという場合は、AGAではないでしょう。逆におでこが広くなったり、前頭部だけや頭頂部だけ頭皮が透けて見えるのであれば、AGAの可能性はかなり高いと言えます。

 

ちなみに、AGAを発症している方の頭皮が硬くなっていると、薄毛はどんどん進行します。自分の頭皮に10本の指を均等において、前後左右に動かしてみてもほとんど動かないという場合は、すぐにAGA対策を始めてください。

 

AGAに限ったことではありませんが、薄毛対策はいかに早く正しい対策を行うかが重要なので、薄毛が気になり始めたら頭皮の状態をしっかりチェックしましょう。

増毛