AGAへの注意が特に必要な仕事内容や職業について

よく、ヘルメットなど長時間頭が蒸れて頭皮環境が悪化しやすい状態にある職業の人は、薄毛になりやすいと言われます。一方AGAは男性ホルモンが一番の原因ですから、仕事内容や職業は関係ないと思っている方も多いでしょう。

 

ですが、実は男性ホルモンはストレスによって分泌量が増えることがあるため、仕事内容によってはAGAになりやすい可能性もあるのです。

 

ストレスと男性ホルモン

 

女性ホルモンというのは、ストレスを受けることによって分泌量が減少します。しかし男性ホルモンというのは、逆に増えてしまう性質を持っています。その理由は、ストレスによって引き起こされる血行不良にあります。

 

ストレスを感じると、交感神経が活発になってしまうため、血管の収縮が激しくなって血液がスムーズに流れなくなります。特に頭皮の血管は細いので、慢性的に血流が低下するのですが、これを改善しようとするのがテストステロンなのです。

 

つまりストレスで起こる血行不良がテストステロンの分泌を促し、結果的にAGAを引き起こすジヒドロテストステロンが増加してしまうのですね。

 

AGAのリスクが高い仕事内容とは

 

簡単に行ってしまうと、AGAのリスクが高い仕事内容は接客業務です。接客業は、お客様と直接コミュニケーションが取れますから、感謝されたり有難がられたりします。

 

その反面、無理難題を言ってくるお客様もいますし、お店のルールを無視したり、常識外れな行動をする人もいます。ですが接客業務というのは、どんなに非常識であってもお客様に対して怒ったり怒鳴ったりすることはできません。

 

たまになら影響はないかもしれませんが、日々そういったお客様を相手にしているとストレスが溜まってしまいます。また、職種によっては低賃金だったりするので、待遇面でもストレスが溜まってしまいAGAを発症することが多いのです。

 

ストレスを受けやすい職業

 

現代人は常にストレスにさらされている環境ですが、その中でも大きなウエイトを占めるのが仕事ですね。自分が好きでやっている仕事であっても、少なからずストレスは受けるものです。

 

ですが、職業によっては好き嫌い関係なく過度のストレスが引き起こされます。性格や待遇などによってストレスの度合いは異なりますが、特に強いストレスを受けると言われるのは営業職です。

 

ノルマを達成しなくてはいけないプレッシャーや顧客からのクレームや要求など、会社からもお客様からもストレスがかかるので、特にAGAへの注意が必要と言えるでしょう。

 

もちろん、AGAのリスクが高いからといって仕事を変えたり辞めたりはできませんが、注意することはできますから、なるべくストレスを解消してAGA予防を心がけてください。

増毛