塗るタイプとスプレーどっちが良いの?育毛剤の正しい選び方

育毛剤を使って薄毛対策を始めるのはよいものの、スプレータイプと塗るタイプのどちらが良いのでしょうか。自分の目的と生活スタイルにあったものを使用して、できるだけ早く薄毛を解決したいものです。

 

塗るタイプの特徴

 

塗るタイプは、髪の毛が薄くなっている患部に的を絞って適確に塗ることができるという大きなメリットがあります。塗るタイプはしっかりと頭部に塗布できるので、スプレータイプに比べて液ダレしにくく、育毛有効成分をより浸透させやすいといえます。

 

べたべたするので髪の毛についてしまったりすると少し厄介でヘアケアがしにくく感じますが、確実かつ着実に薄毛対策を行なっていけるでしょう。肌に直接塗るため、育毛剤の配合成分が自分の体質に合わないと、炎症やアレルギー症状を引き起こすというデメリットがあります。このタイプの育毛剤は、時間帯や状況を選ばずにいつでも使用できるようですので便利です。

 

スプレータイプの特徴

 

スプレータイプは直接頭皮に噴射するので頭部全体に育毛剤を塗布し、有効成分が頭皮になじみやすく、毛根や頭皮に浸透しやすいというメリットがあります。べたべた手にくっつくこともないので、手の指で頭皮マッサージしながら育毛剤をもみこみ、頭皮の血行促進を同時に行なうことができます。

 

どのくらいの強さで容器を押すかによって噴射の量を自分でコントロールすることができますので、無駄なく使用できます。また、スプレータイプは一度に噴射される量が決まっているので、毎回適度な量の薬剤を使用することができ、自分で塗る場合のような塗り過ぎを避けることができます。

 

スプレータイプを使用する際は、シャンプーしてきれいに皮脂を洗い流す必要があるので、風呂上がりが適当です。側頭部にスプレーする場合などは、液体なので多少たれてくるというデメリットがあります。

 

どちらも効能についてはほぼ同じです。使い勝手を考慮しながら、長く続けられるタイプを使用してくださいね。

増毛