禁煙した方がよい?AGAを悪化させるタバコの影響について

薄毛の原因の一つであるタバコは、AGAを悪化させるリスクファクターにもなりえます。タバコが直接AGAを引き起こすわけではありませんが、だからと言ってまったく関係ないというものではないのです。AGAを本気で改善したいという方は、タバコが与える影響をしっかり把握しておかなくてはいけません。

 

タバコとAGA

 

タバコには、有害物質であるニコチンが含まれています。ニコチンが体内に取り込まれると、その作用によって血管がぐっと縮こまってしまいます。つまり血液の通り道が狭くなってしまうので、血流が著しく低下するため血行不良が引き起こされます。

 

血行不良になると栄養の運搬が滞ってしまいますから、髪の成長に必要な栄養が不足して、抜け毛が増えたり発毛力が低下するのです。AGAが発症している状態では血行不良じゃなくても髪が抜けやすくなっていますから、タバコを吸うことで栄養不足になったらAGAの悪化が促されてしまうのですね。

 

絶対に禁煙が必要?

 

結論を言えば、AGAを改善したい場合は禁煙するのがベストです。ただし、喫煙というのは吸う人にとってストレス解消の手段の一つとなることもあるでしょう。

 

それを無理に禁煙してしまうと、タバコによる害はなくなりますが、その代わりストレスが蓄積します。

 

過度のストレスがかかると、交感神経が活性化されて血管の収縮が激しくなり、血行不良が引き起こされます。ニコチンによる血行不良を防いだとしても、ストレスによって血行不良になったら、結果的にAGAが悪化することになります。

 

ですので、無理に禁煙をするのではなく、最初は本数を減らすなど過度のストレスがかからないようにしてニコチンの害を減少させるのがおすすめです。

 

上手にタバコを減らすには

 

タバコをやめる、減らすというのは、喫煙者にとっては大きなストレスになってしまいます。ですので、タバコを制限するという意識ではなく、他にストレス解消できる方法を見つけましょう。自分の好きなことに打ち込んだり、リラックス出来る環境を整えたり、スポーツを始めてみるのもおすすめです。

 

特にスポーツをすると、満足感を得られるホルモンが分泌されるので効率よくストレスを発散できます。

 

また、タバコをやめるというネガティブな感覚ではなく、タバコ代が浮く、AGAの悪化が防げるなどポジティブな感覚を植え付けるとストレス緩和に役立ちます。

 

いくらAGAに悩んでいても、禁煙というのは強い意志や目標がないとかなり大変です。

 

ですがタバコをやめることはAGAの改善はもちろん体や金銭的にもメリットが多いのですから、良い面をフォーカスして心に負担をかけないように減らしていくといいですね。

増毛