増毛方法の違い(編み込み式・結毛式・接着式)

 

増毛の勉強中

 

増毛には編み込み式、結毛式、接着式と3つの方法があります。サロンによってどの方法を採用しているかが違い、それぞれの方法で特徴も違いますのでその違いを理解しておくことが大切です。

 

編み込み式について

 

編み込み式は特殊な糸を使って頭皮に土台を作り、その土台に人工毛を編み込んでいく方法です。土台を使うとなるとその土台が外れてしまったり、壊れてしまうのではないかという不安も感じるかもしれません。ですが糸でできた土台は非常に丈夫で、人工毛が外れてしまうようなこともありません。

 

実際、編み込み式増毛を利用すると入浴も今まで通りできますし、スポーツなど激しい運動にも耐えるとされています。編み込み式ですから頭皮にかかる負担もほとんどなく、非常に便利な増毛法となっているのです。

 

結毛式について

 

結毛式は増毛としてイメージされる方法にもっとも近いものではないでしょうか。自分の髪の毛1本1本に人工毛を結びつけていきます。自分の毛に人工毛を組み合わせていくということで見た目がとても自然で、増毛しているとは思えない仕上がりが特徴でしょう。メンテナンスの手間もそれほどなく、手軽にできる増毛法となっています。

 

接着式について

 

接着式は文字通り頭皮に人工毛を接着する方法です。とは言え直接人工毛を接着するのではなく、特殊なシートの上に人工毛を植え、そのシートを頭皮に接着するやり方になります。ある程度の範囲を一気にカバーすることができ、ピンポイントで増毛したい時にも優れた方法です。

 

特殊な接着剤で頭皮に接着させるわけですが、外れてしまう心配もなく、頭皮への負担も最小限に抑えられています。シートに人工毛を植えたら頭皮に接着させるだけですので手間がかからないのもこの方法の利点になるでしょうか。

 

このように増毛も方法によってまったく別な仕組みになっています。サロン選びをする時は増毛の方法をチェックすることが非常に大事になってくるでしょう。

増毛