増毛と植毛の具体的な違い

 

疑問マーク

 

薄毛対策として増毛と植毛がよく知られています。どちらも毛を増やす方法としては同じなのですが、具体的に何が違うのかを改めて整理してみましょう。

 

増毛とは?

 

増毛とは基本的に自分の髪の毛に人工の毛を結びつけていく方法のことを指します。たとえば自分の髪の毛の根本に人工毛を結びつけていき、その結果として髪の毛が増えたように見せる、これは増毛のオーソドックスなやり方です。

 

ある種のかつらのようなものですがかつらのように装着したり外したりする手間がなく、自毛に組み合わせていくので仕上がりがとても自然なことが特徴です。

 

ただ、自毛の根本に組み合わせる関係上どうしても定期的なメンテナンスが必要になります。自毛が伸びてくると人工毛が浮き上がってくるからです。メンテナンスのペースは月に1回ほどで、それほど大きな負担にはならないでしょう。

 

植毛とは?

 

植毛とは自毛もしくは人工毛を頭皮に植え付ける方法のことを指します。たとえば自毛を利用した植毛の場合、頭皮の中から薄毛になっていない部分を選択しその部分の皮膚を薄毛が気になる部分に移植していきます。これには外科手術が必要で比較的手軽にできる増毛とは大きな違いとなっています。

 

しかし皮膚を移植することで自然に髪が生えてくるようになりますからその効果も大きなものが期待でき、自毛移植の場合は1度行えば長期間に渡り髪の毛が生え続けます。

 

人工毛を植毛する場合は特殊な人工毛を頭皮に植え込んでいく仕組みになっていて、皮膚移植の必要がないのでその分だけ手間がかかりません。

 

費用の違いは?

 

増毛と植毛は費用も違ってきます。具体的な金額は増やす髪の量や自毛を使うか人工毛を使うかなどでも変わってくるので一概には言えませんが、基本的に植毛の方が費用は高くなります。植毛は手術が必要ですが保険適用外なので全額自己負担しなければなりません。そのためどうしても費用が高くなってしまうのです。

 

増毛と植毛、どちらが良いのかはカウンセリング時にスタッフに相談することも大切です。仕組みから費用までまったく違うものですのでよく話し合って最適な方法を選ぶようにしましょう。

増毛